« April 2010 | Main | June 2010 »

May 27, 2010

ギター教室 417

 ギター教室の話題。

  何年かのおつきあいになった生徒さんを見ていると、地道に練習をしている方は、確実に上達しているのがわかりますし、自分の指導は、最善かどうかは別として、まあ間違ってないなと確信するところでもあります。
 
 習う側からすれば、先生をどれだけ信頼して習えるか、が大事です。それは、愚直に練習を積めるかどうか、に関わることだからです。ここは、とっても大事な点です。

 結局のところ、自分自身の練習の問題ですから、それを最大限に動機づけるためには何が必要か、、、、という話ですね。

| | Comments (0)

May 26, 2010

ギター教室 416

 ギター教室の話題。

 ギター教室で習うということの大きな意義は、「新しい身体の使い方を覚える。」ということです。
 よりどころとなるしっかりした演奏フォームをひとつ作るためです。

 「何度やっても弾けない」「必ずミスする」という場合には、少なくとも「頭の中」か「身体の使い方」かどちらか一方に理由があります。
 
 そこに気づけないままでは、何度も同じミスを繰り返すばかりの人生となってしまいます。

 インスタントな方法はありません。上達に要する期間を短縮するには、練習時間をこれまでの2倍とりましょう。 
 

| | Comments (0)

May 25, 2010

母をたずねて三千里

 1976年のカルピスこども劇場。
 わたくしが小学6年のときのアニメです。主題歌だけは記憶にあったんですが、

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00189/v00440/v0044000000000531660/

で、第一話だけ見られたので、すっかり火がついてしまい、これは全部見たい!と思い、DVDを購入してしまいました。

 1ヶ月かけて見るつもりが、全52話を10日ほどで見てしまいました。これは、素晴らしい内容ですね。アルゼンチンの風景といい、主題歌(ミロンガ~ワイニョですよ!!)といい、サウンドトラックといい、よくぞここまで作りました、すごい!!と感心します。

 老ガウチョ・カルロスがギターを弾くところなんか、こんな大人な音楽をこの当時、子供向けアニメで紹介していたんだなあと感動しました。

 時代的に1882年ころのアルゼンチンを描いているので、タンゴはでてきません。まだ、生まれてないころですからね。そこらへんも真実味があっていいですね。

 いろんな人に助けられて、また自分も人を助けながら旅をするマルコ。そうして、幼いのに男らしく成長していきます。そういうところにグッときます。

 
 

| | Comments (0)

May 24, 2010

台車

 近所のリサイクルショップで素晴らしい台車(折りたたみ式)を購入。新品だと1台5000円くらいはしそうなものを1800円(税別)でいいよ!ということだったので、2台買いました。雑巾でしっかり拭いたら新品みたいにきれいな台車でした!

Eon


 PAなど重い機材を運ぶのに何で今まで持っていなかったの?というとですね~、、、、、10年以上愛用しているパワードSP(JBL EON power-15)って、台車に左右2台まとめて載せるのが難しい変な形なんですよ。だから、台車を持っていても無駄かな、、、と思っていたのですね。

Pacart


 しかし、一般的な台車に少し手を加えれば、重い荷物を効率よく安全に運べるのでは?と思い立ち、実行することにしたのです。「JBLを水平に固定する機能をつける。」それだけです。

DIYしたのは、「JBLを水平に保ちかつ横ズレしないようにするため、2×4材をコンパネにネジ止めする」っていうところです。これを台車に載せ、JBLをはめこみます。これだけでかなりいい具合です。

 さらに、JBLの上にコンパネ(ずれ防止加工済み)を置けば、その上にラック(ミキサー、リバーブ入り)を平らに載せられます。実験してみたら、さらにその上に、マイクスタンド、SPスタンドまで載せられました。すげ~重いけど。

 見た目はだいぶ悪いけど、かなり機能的です!安全第一ってことで、これでいってみようと思います。

 これが活躍する機会は、次回、さいたま市民会館うらわでのコンサートかな(日時未定)。

| | Comments (0)

May 23, 2010

ギターケース用ラック

 ギター本体はすぐ弾けるよう壁にかけたり、スタンドにたてたりしているのですが、普段使わないハードケースを収納する場所が結構なスペースをとります。

 そこで、ハードケース、ソフトケース両方を収納できる可動式(キャスターつき)のケースラックを自作しました。

 材料は、3cm角の赤松の角材、コンパネ、もくネジ、キャスターです。

Guitarcase_2

 これなら、らくらく移動もできるので、掃除もしやすいし、せまい部屋も有効利用できそうです。
 奥にちらっと見えているのは、壁に作りつけたギターケース&PA機器収納棚。

 実は、、ほぼ倉庫と化している編曲作業部屋を落ち着いて仕事ができる環境につくりかえるべく鋭意片付け中なんす。カーテンで目隠しとかするといいのかな?
 

| | Comments (0)

May 12, 2010

爪についての考察

 先日のコンサートで、ひさしぶりに爪を割ってしまいました。

 演奏中突然、弦の抵抗感がなくなり、弾けども弾けども弦をとらえられない状態に。

 その曲を弾き始めたばかりなら、いったん中止して爪を整えてから、もう一度、弾くという選択肢もあったかもしれませんが、半分くらい弾いてしまったところだったので、「最後まで行くしかないだろ」ということで、無理やり最後まで弾きました。

 いやー、急に一本だけ爪がなくなると、本当に弾けないもんですね。指全体の長さが変わるからでしょうね。
 それと、爪が割れたあとも、グラグラした状態で、しばらくは、先端についていたので、ますます弾きにくかった。

 細心の注意で、全体のバランスを整えて、それでやっと弾けるものなのだなと改めて確認しました。

 以前は、付け爪で補強していたのですが、ここ数年は、爪が強くなってきたのか、弾き方がマシになってきたのか、補強しなくても割れない感じになってきたので、補強してないんですね。

 付け爪で補強すると、その分、力も入れられるので、爪にかかる負荷が大きくなります。負荷は爪がはがれる方向にかかるので、身体にはよくないんですね。だから、つけないですめばそのほうがいいに決まってますが。

 今回は、おそらく弾き方のバランスがだんだん崩れていって、タッチが悪くなっていき、それで爪が割れたのだと思います。コンサートって興奮するからな~(笑)その分楽しく演奏はできたんですが・・・。

 

| | Comments (0)

May 09, 2010

ソロギター・コンサート(5/9)

 ご来場くださったみなさん。ありがとうございました!

 尊敬するギタリストの方も聴きにきてくださり、うれしかったです!

 最後の曲では、爪が割れてしまい、だからといって止まるわけにもいかずに、最後まで無理やり弾きましたが、突然ひとつの指だけ爪がなくなるとものすごく弾きにくくなるんですね~。いや~、自分でもびっくりしました。突然、弦の抵抗がなくなったので、「なんじゃこりゃあああ」という状態でした。
 勉強になりました・・・・。

 それはともかく、今日は本当にご来場のみなさんといい一日を過ごさせていただき、また明日からの創作に意欲を燃やしていけそうです!ありがとうございました!

| | Comments (0)

May 08, 2010

ギター教室 415

 ギター教室の話題。

 たとえばファンホ・ドミンゲスのような天才肌のギタリスト。

 「思いつきが具体的であり、なおかつ、それを合理的な奏法で表現できる」からすごいわけです。

 「思いつきが具体的」というのは、「たくさんの情報量(それは抽象的なイメージかもしれない)をギターで演奏可能な姿に組みあげる能力がある」ということです。

 「合理的な奏法で表現できる」というのは、「演奏可能なものは必ず演奏してみせる力がある」ということです。

 以上の両面そろったら無敵でしょう。つまり、ギター演奏の十分条件がそろったことになります。

 でも、、、、、十分条件を最初にそろえられたら、そりゃ、そのあとが楽ですが、それは無理でしょう。必要であると思えることをひとつずつ身につけることがわれわれにとっては大事だと思います。

 これが絶対に必要だと思えることが、すなわち普遍性に通じる道であり、ひょっとしたら、それが十分性を満たしていたなんて結果がついてくるかもしれません。

 これさえやっておけば無敵、十分、なあんて方法は、ないのです。、、、、しかし、十分なものを身につけている人は存在するわけですから、希望は持っていいのです。

 
 

| | Comments (0)

ギター教室 414

 ギター教室の話題。

 レッスンでは、ほんの短いワンフレーズを方向性が確実に理解していただけるまで、何度もしつこいくらいに繰り返すことがあります。

 ギターの演奏は、運動の面から言えば、「複雑な音の組み合わせを直線的(あるいは順次的)な身体の運動で表現する」というところに特徴があります。
 その特徴がよく出ているフレーズ(音の組み合わせ)は、演奏技術のベースを作るのによい題材となります。
 
 ここが練習のしどころ!ということですね。

| | Comments (0)

May 06, 2010

ギター教室 413

 ギター教室の話題。

 「フォームが崩れる」という話は、「本来は正しいフォームで弾ける人だ」という話が前提にあります。

 ですので、「フォームが崩れてますよ」という指摘は、「本来はあなたはきちんと弾けるフォームを持っている人だ」という話とセットでされるべき話です。

 ということは

1. きちんとしたフォームを作る
2. それをいつも使えるような身体と心を作る

 ということが大事ですね。

 一体何がきちんとしたフォームなのか?それは、強さからタッチからタイミングまで演奏の要素すべて支配下におけるというフォームです。個人差はあるでしょうが、それは合理的なものであるはずです。

 攻めの姿勢で行くには、ぜひ、強靭で完璧な型を身につけたいものですね!

| | Comments (0)

シニアギターコンクール(八郷)

 5/4(火)、茨城県八郷のギター文化館へシニアギターコンクールを聴きにいってまいりました。当研究所の関係者が参加するということで有志とともに応援に行ったのでした。

 目的は、応援であったのですが、たいへん勉強になりました!

 もっとも感動したのは、、、、いかにも普通の会社員という見た目の方がたが繰り出す、素晴らしい演奏の数々。あの意外性はむちゃくちゃ格好よかったな~!
 文化ってこういうものだな。ここまでギターの文化が広がっているというのは、すごいことだな。と思いました。

 コンクールの順位についてですが、、、、良かった人は、今後の自信にされたらいいし、不本意だった人は、今後さらに研究をしていく材料とされたらいいと思います。少なくとも本選に残られた方がたは、高い水準の技術を持っているし、みなさん素晴らしかったですよ!
 ちなみに、わたし自身が予想した順位とだいぶ違っていたので、、「なるほど評価の基準はいろいろなんだな。自分が判断できる範囲など知れてるわけだな。」とわたしもあらためて勉強になりました。予想どおりでは、何の勉強にもならずつまらない、ともいえますね!
 
 さて、一生懸命、夢中で演奏すればするほど、演奏の中に無意識に出てしまう部分があります。そこには、長所も短所もあり、それが自分らしさではあるのですが、、、、無意識に出てしまう欠点は、自分が気づきにくい短所です。それをいかに直すか、冷徹に考えなければいけませんね。

 個人的には、「一生懸命やってる。」「勝負をかけてる。」という演奏は、その点は十分評価しますし、「欠点を隠そう隠そうとする」「長所のみしか出ないよう計算された」演奏よりは、「心情的には好き」ではあるのですが、でも、勝負をかけることを選んだ人は、それだけで納得してはいけないのです。

 勝負をかける演奏を選ぶ人は、自分が納得できる姿勢を貫くことを重視しています。それを格好いいことだと信じているからです。
 この種の「格好よさ」を全うするには、他の誰よりも、ぐんとハードな評価基準を自分の中に持つことが必要です。
 ペロッと書いてますが、これ、すごくキツイですよ。突き詰めると結局、誰もが認めざるをえない圧倒的な演奏をしないといけないという結論になりますので。

 でも、その姿勢は崩さずに、いきましょう!

 わたし自身もそうありたい。そういう願いをこめて同志に贈る言葉としたいと思います。
 

 

 

| | Comments (0)

May 04, 2010

コンサートのご案内(5/9 日)

 来る5/9(日)さいたま市民会館うらわ(8階コンサート室)にて、ソロギターのコンサートをします。
 午後2時開場・2時30分開演です。

 みなさまのご来場をお待ちしています(当日券あり)!
 
http://homepage3.nifty.com/bordona/live.html

| | Comments (0)

May 03, 2010

ソロギター・レコーディング14日目

 「El dia que me quieras」を録音。

 時間のゆとりがあると落ち着いて作業できていいな。

 この曲に関しては、たいして見もしないんだけど譜面をおいて弾いてみた。こうすると頭をいろいろ使わなくてすむ分、演奏に余裕が生まれるような。即興的な曲ではこうはいかないけど、この曲は、編曲が比較的かっちりしているので。

 ギターの演奏は、空間的には3次元の組み合わせなんだけど、時間軸や左右のシンクロをばらばらに考えるともっと高い次数を相手に操作しているような気分になる。とはいえ、そんなことをバラバラにいちいち考えていたら演奏なんかできない。だから、実際はひとまとめにして勘で弾く。

 譜面をなんとなく眺めながら演奏するよさには、「ひとまとめ」と「バラバラ」のバランスのとりかたを視覚で直感的に補えるという面があると思う。

| | Comments (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »