« ギター教室 414 | Main | ソロギター・コンサート(5/9) »

May 08, 2010

ギター教室 415

 ギター教室の話題。

 たとえばファンホ・ドミンゲスのような天才肌のギタリスト。

 「思いつきが具体的であり、なおかつ、それを合理的な奏法で表現できる」からすごいわけです。

 「思いつきが具体的」というのは、「たくさんの情報量(それは抽象的なイメージかもしれない)をギターで演奏可能な姿に組みあげる能力がある」ということです。

 「合理的な奏法で表現できる」というのは、「演奏可能なものは必ず演奏してみせる力がある」ということです。

 以上の両面そろったら無敵でしょう。つまり、ギター演奏の十分条件がそろったことになります。

 でも、、、、、十分条件を最初にそろえられたら、そりゃ、そのあとが楽ですが、それは無理でしょう。必要であると思えることをひとつずつ身につけることがわれわれにとっては大事だと思います。

 これが絶対に必要だと思えることが、すなわち普遍性に通じる道であり、ひょっとしたら、それが十分性を満たしていたなんて結果がついてくるかもしれません。

 これさえやっておけば無敵、十分、なあんて方法は、ないのです。、、、、しかし、十分なものを身につけている人は存在するわけですから、希望は持っていいのです。

 
 

|

« ギター教室 414 | Main | ソロギター・コンサート(5/9) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 414 | Main | ソロギター・コンサート(5/9) »