« ギター教室 411 | Main | ソロギター・レコーディング14日目 »

April 29, 2010

ギター教室 412

 ギター教室の話題。

 ギターは誰にでも「すぐ弾ける楽器」ではありません。さまざまなコツが必要ですし、普段使わない筋力も必要だから、初心者に「ギターを弾く人の雰囲気」が出てくるまでは、相応のトレーニングが必要です。

 一番のポイントになるのは、「ギター用の身体のバランス感覚」でしょうか。

 これが身についてくると、見た目「ギターを弾く人の雰囲気」が出てきます。

 最初から、この雰囲気を持っている稀有な人もいますが、なかなか学習できなくて、数ヶ月かかる人もいます。

 バランス感覚をいったん身につけた人は、正しくないフォームで弾いても、どうにかうまくバランスして弾けてしまうという面もあります。
 
 よくないバランスで弾いているギター経験者であっても、本人に修正プログラムを実行する力(意志と行動力)がある場合には、いいバランスに修正が可能です。これに、時間がかかるかどうかは、一概にいえません。わたし自身の場合、半年くらいかかりましたが、自分の生徒でもっと短い期間で修正できた人もいます。

 インスタントにできるものではないから、価値のある「技能」なのです。

|

« ギター教室 411 | Main | ソロギター・レコーディング14日目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 411 | Main | ソロギター・レコーディング14日目 »