« ソロギター・レコーディング13日目 | Main | 今日のノルマ »

April 21, 2010

ギター教室 410

 ギター教室の話題。

 心や身体の調子が悪いとき、フォームが崩れがちになります。
 音楽は心や身体と密接につながっています。だからこそ、常に、あるべきフォーム、崩れていないフォームで演奏することで、演奏の質を高い水準に保ち、調子の波をばらつかないように整えることができる。

 心や身体の波に左右されない、コントローラブルな演奏フォームを作る、それを常に使えるようにする、、、、、そのための練習が一番重要だと思います。

 これは初級者の方にも言えることです。
 単純な動き、約束ごとをおろそかにしないで、「常に」使えるようにすることから徹底しましょう。
 
 
 

|

« ソロギター・レコーディング13日目 | Main | 今日のノルマ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソロギター・レコーディング13日目 | Main | 今日のノルマ »