« ケーナとギターの夢11/22 | Main | ギター教室 394 »

November 25, 2009

ギター教室 393

 ギター教室の話題。

 ギターの技術はいったいどのくらいで身についたといえるのか?

 なんでも技能は一生の研鑽が必要とは思いますが、「一応の修得」という目安をあえて示せば、それは、かけた時間でもなんでもなく、

1. カルカッシの簡単めな練習曲やカルリの練習曲くらいなら、問題なく弾きこなせる技術(これで基礎はあるとみなす)
2. はじめてみる譜面でも、意図をよみとり、そう間違っていない運指をつけられる。そして練習すれば、弾けるようになる。

 基本となるリズム感や音感がそこそこのレベルにあるという前提ではありますが、以上2点が目安であると思います。

 ※即興演奏能力は、特殊能力の部類に入るので、普通の人が音楽を楽しむ分には不要です。「ギターが弾ける」という話とは別の尺度であると考えたほうがいいです。

 基本的な技術を身につけて、だんだん自力でレパートリーをくみ上げていけるよう、目指しましょう!

|

« ケーナとギターの夢11/22 | Main | ギター教室 394 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ケーナとギターの夢11/22 | Main | ギター教室 394 »