« August 2009 | Main | October 2009 »

September 27, 2009

蔵のまちコンサート9/27

 ソロギター5曲、峰さんの歌で4曲演奏してきました。

 野外ということで、「エレアコ KYairi CE-1」を使って演奏しました(はじめて現場で使った)。エレアコでタンゴ、、、南米的~~。外音がどうなっていたのか、正確に判断できないのですが、AG-STOMPを通した音はそう悪くはなかったように思います(この点は日本的)。
 
 スタッフのみなさんの暖かい配慮や熱心に聴いてくださるみなさんのおかげで、ほんとうに爽快な気持ちで演奏を終えることができました。それにしても、たくさん聴きにいらしていてびっくりでした。300人くらい?でも不思議と変な気負いもなく冷静に集中力をもって楽しく演奏できました。

 ご来場のみなさん、スタッフのみなさん。ありがとうございました。

| | Comments (0)

September 26, 2009

バラのまち中央区アートフェスタ「「蔵のまちコンサート」9/27

 明日9/27日曜日の午後、さいたま市中央区で行われる「蔵のまちコンサート」に出演します。

 ギターソロで数曲、さらに峰万里恵さん(歌)と一緒に数曲、アルゼンチンタンゴを演奏します!

http://www.geocities.jp/artfesta2007/index.htm

 気持ちいい野外コンサートです。お近くのかたは、ぜひご来場くださいね。観覧無料です。

| | Comments (0)

September 25, 2009

最近の研究 ~9/25

 こればっかりやってるわけではまったくないのですが、アフロペルーが最近のトレンド。

 同じ南米の人でもアフロペルーの専門家でない人が演奏すると普通の歌謡曲?になってしまうアフロペルーも、ペルーのネグロな人たちが演奏すると、なんでこんなにカッコいいの!という演奏になります。

 もちろん歌謡曲風の演奏もそれはそれで結構好きなので、音楽ファンの立場としては大歓迎なんですが、ミュージシャンの研究課題としては、本物がなんでカッコいいのか?を探るほうが面白い。

 きっちり6/8のはずなんだけど、その割り方は歌詞に対応して変化してくるらしいので、そこを研究中です。

 趣味のバンドでいいからアフロペルーやりたい~!
 

| | Comments (0)

September 06, 2009

ギター教室 388

 ギター教室の話題。

 ジャズ的なアドリブについて、どう練習を積んだらいいのか。
 
 練習を「決まったことを再現することを通し、何かを身につけること」と定義するならば、そもそも即興性の強い音楽は練習しようがないではないか、、、という話に落ち着きがちです。

 確かにメソッドを確立するのは、たいへん難しい話です。あらゆる意味で楽器と自分が一体になっていて、しかも、演奏すべき音楽を征服、、、少なくともよく知っていないと即興などできそうもないからです。

 しかし、即興といえど、特定の要素に関しては、再現性をもたせ練習することは可能ではないか、向上の役にたつ教材を作ることは可能ではないか?というのが最近のわたしの関心事です。

 これまでも、何度となくどうにかならんものかな?と取り組んでみた話ですが、またここにきて再挑戦です。

 即興演奏は、わたし自身も積年の課題にしているところですしねー。
 

| | Comments (3)

« August 2009 | Main | October 2009 »