« ギター教室 382 | Main | 最近の編曲 ~7/30 »

July 29, 2009

ギター教室 383

 ギター教室の話題。

 つまづく箇所の原因について。

 失敗する箇所には原因があります。

 たとえば、不本意な音を弾いてしまう場合。
 左手がしっかり乗っていて、右手の指が弾くべき弦の上にあれば、少なくとも音はだせるはずです。
 しかし、左右どちらかが不完全な体勢ですとうまくいきません。

 こうした場合、何が必要でしょうか?
 演奏には必要なメカニズムがあり、これをしっかり踏まえないといけません。

 それぞれ考えてみましょう。

 

|

« ギター教室 382 | Main | 最近の編曲 ~7/30 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 382 | Main | 最近の編曲 ~7/30 »