« 最近の編曲(続き) | Main | ギター教室 369 »

May 18, 2009

ギター教室 368

 ギター教室の話題。

 これが正解、という奏法、技法を発見するのは容易ではありません。
 第一、正解が存在するのかどうかもわからない。

 しかし、現実にギターは弾ける楽器です。
 だから、少なくとも、「正確な演奏」を実現するためにはここははずせない、という物理現象にそった事実があります。まず、「事実」を常に確認しながら、どうすれば、「完全コントローラブル」を実現できるかを探求していく必要があります。

1. 身体の一部をある形に「固定」する場合は、力がどこか身体の内部にかかっています。
2. 重力が身体全体にかかっています。
3. 運動し続けるには動力が必要です。なぜなら、身体は、さまざまなパーツが結合してできているので、そこにはある種の摩擦やバネのような伸び縮みがあるからです。エネルギーをもっているものを動かすには、エネルギーを与えなければいけない。だから力が必要です。
4. 加速するには力が必要です。たとえば、速度をもった動きに急ブレーキをかける場合、相応の力をかけないと止まらない。

 繰り返しますが、古典的な力学(地球上ではどうやら成り立っていそうな仮説)がどの程度有効なのかは、わかりませんが、ここでは、これを事実と信用して検証していきます。

 前回の記事で、バランスがキーワードであることを書きましたが、次回からは、今回の記事の内容を踏まえ、いったいバランスとは何か?という話に踏み込んで考えていきたいと思います。

 う~ん、やっぱりスポーツ医科学みたいな勉強したいなあ。

 
 
 
 
 
 

 

|

« 最近の編曲(続き) | Main | ギター教室 369 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 最近の編曲(続き) | Main | ギター教室 369 »