« 「ケーナとギターの夢」コンサート | Main | スペイン語検定 »

February 17, 2009

ギター教室 362

 ギター教室の話題。

 今日のわたしの練習は、細切れの時間で、5曲おさらいしただけ。時間にすると30分くらいでしょうか。
 わずかな時間でもやらないよりはやったほうがマシです。

 わたしは、最低限のラインとしてギターの腕前を現状維持することを基準に考えています。もちろん腕は上げたいですが、現状維持だけでも相当な労力(時間と集中力)が必要だからです。

 基本的に、現状維持のためには、効率を追求していいと思っています。ひらたく言えば、すでに覚えているレパートリーの質を維持しておけばいいので、ここは合理的に難所と全体の音楽性中心の練習でいけるだろうと。簡単なところは練習しないわけです。
 創造までは頭脳フル回転ですが、いったんレパートリーになってしまえば、あとは再現ですからこれでいいだろうと考えています。

 しかしながら、まだ見たことがない何かをあらたに創造していこうとなると、合理化できる部分は限られてきます。ここは、やたらと時間がかかるものです。ギターをはじめたばかりの人にとっての基礎練習もこれに当たりますね。
 ここは、辛抱強く、後の楽しみのためにやるしかないですね。
 

|

« 「ケーナとギターの夢」コンサート | Main | スペイン語検定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ケーナとギターの夢」コンサート | Main | スペイン語検定 »