« December 2008 | Main | February 2009 »

January 30, 2009

ギター教室 360

 ギター教室の話題。

 演奏から聴き手が受ける印象は、演奏者や演奏環境によってもたらされるさまざまな要素、あるいは、聴き手自身の状態や性質、性能、聴く環境で決まるので、そこには無限のバリエーションが存在します。同じ演奏を聴いても聴き手の感想がさまざまにわかれるのは、そのためです。

 演奏者の個性が音楽の上に自然に投影される部分については、ある意味反省のしようもないどうしようもない部分ですが、演奏のほとんどの要素が、意図的な技術の駆使によって成り立っているものである以上、われわれは、そこには注目していく必要があります。

 さて、ギターの魅力のひとつは、その音色にありますが、これは奏者によってコントロール可能なものです。

 ギターの音色は、2種類の要素で成り立っています。

1. 発音する瞬間の弦と指先の摩擦で発生する音(アタック)
2. 弦が振動をはじめ音が伸びている間の音(サスティーン)

1は、奏者自身がコントロールするべき範疇にあります。2は、どんな楽器を使っているか、にも左右される部分でしょう。ただし、左手を押さえている状態では、ビブラートだってかけられるし、コントロール可能な要素も多いのです。

 ここで、大事なのは、音色は奏者自身が選び取るものだということです。 自分が選び取った音色なのか、不本意ながら出てしまった音なのか、意図せず偶然いい感じで出た音なのか、これらの違いは大きいです。コントロールする能力は選ぶために必要な技術なんですね。

 もちろん、選び取るためには、「選ぶセンスがある」という前提が必要です。
 好き嫌いを言わず、さまざまな演奏者の音を聴き、そこから感じること、その特徴を分析することも大事です。センスを養うためです。

| | Comments (0)

January 29, 2009

最近の研究活動~1/28

 ファドは、
1. 型がある。
2. 型を踏まえることができさえすれば、すごく自由度もある。
 そういう音楽であると思います。
 
 この型を無視しては、まったくファドにならないので、どうにかその基本を身につけようと四苦八苦しています。あ~、四苦八苦はうそですね。苦しんだからといって結果が出るわけでもないので、実際は、淡々とさまざまな資料にあたっているわけですが。でも、疲れます。

 よく、「ポルトガルギターって難しいんでしょう?」と聞かれます。
 ポルギの場合、奏法がなぞめいているため、余計にそう見えます。しかし、実際に難しいのは、ソフトの部分です。奏法は、トレーニングである程度なんとかなりそうですが、「こう演奏したい」とイメージする部分が追いつかないと、結局技術のほうも上達しないんですよね。
 イメージができれば、技術もそれにつられて上達するはずですが、そのためには、型を知る、身につけることが必要です。

 そこで、できるところから身につけていこうという作戦で、「ヴィオラ」(伴奏ギター)を片っ端からコピーして感覚を養おうとしています。かっこいいんですよね。ファドのヴィオラ。

 しかし、ポルギのほうは、映像なしでコピーするのは、至難ですねー。やはり型を身につけるには、お手本をそっくりに真似してみることが一番の方法ですが、とにかく恐ろし~~~く時間がかかります。達人の演奏は、高度すぎて原型がわかりにくいので、わたしのお手本にならなかったりするし。

 ところで、この手の音楽、日本人にはどうせ無理とか、極端なものいいをする人もいますが、全部の要素について、「無理だ」とばっさり決め付けてはいけません。
 無理な部分もあるに違いないが、無理でない部分もある。それを身につけ、最終的には音楽性全般で勝負すればいいだけの話です。もちろん簡単な話ではありませんが。
 
 

| | Comments (0)

January 23, 2009

ポルトガルギター ~1/22

 いまさらですが、「ファドモーラリア」を上手に弾くコツがわかりました。

 3弦にまたがってi指のみで弾く速いフレーズであるため、いかに弦間の移動をすばやく正確にするか?が課題でしたが、

1. 弦間の移動は、i指・第一関節の折り曲げ方でまかなう。
2. 弾く動作は、第二関節以降の動きでまかなう。

 当初、ギターの弾き方の流用で腕の上げ下ろしで弦間の移動をこなそうとしていましたが、これは、いったりきたりの速い動きにはとても対応できません。一方向にが~っと動くならいいんですけどね。

 こればっかりは身体で覚えないと使いものになりません。だいぶ時間はかかりましたが、よかった、、、ということで。

| | Comments (0)

January 19, 2009

1/21(水)アルゼンチンタンゴ・ソロギター ライブのご案内

 今週の水曜日、西荻窪・駅前のお店「サンジャック」で、ソロギターのライブをやります。
 アンサンブルにはアンサンブルのよさが、ソロギターにはソロギターのよさがあります。
 貴重な機会をみなさんとともに過ごしたいと思います。

 みなさまのご来場おまちしています!

詳細:http://homepage3.nifty.com/bordona/live.html

| | Comments (0)

ギター教室 359

 ギター教室の話題。

 ギターが上達するには、明確な目標を持つことが必要です。
 そして、それを実現するための具体的な手立てをすることも必要です。

 具体的な手立てとは、すなわち練習ですが、目標もなく弾いてもおそろしく効率の悪い練習にしかならないでしょう。かけた時間も大事ですが、的をはっきりさせることも必要です。

 せっかくギターを弾いているのだから、人前で堂々と披露できる腕前は身につけてほしいし、ギターを弾ける幸せを感じてほしいと思います。
 簡単には上達はしませんが、着実に進むことは誰にでもできます。

 

 

| | Comments (0)

January 15, 2009

CDをamazonで

 これまで制作してきたCD(全7作)がamazonでもお買い求めになれるようになりました。

 この画面左側にリンクしてあります。のぞいてみてくださいね~。

| | Comments (2)

January 05, 2009

ギター教室 358

 ギター教室の話題。

 新しい年になり、教室も1/4からはじまりました。
 
 当教室はマンツーマンのレッスンですので、生徒どうしが顔をあわせる機会といえば、発表会以外はたまたま入れ替わりのときに会うときくらいしかありません。
 ですので、ほかの生徒たちが、わたしとどういうレッスンの時間を作り上げ、どうやってそれを身につけていくのか、お互い知る機会も少ないと思います。

 わたしのギターのレッスンは、おもに「自立して技能を磨ける人間になる」、その方法や考え方を知っていただくために時間の大半を割いています。
 ギターの演奏の内容自体は、ジャンルや弾き手の個性によって千差万別ですが、少なくとも、正しいと思える方向にむかって合理的な練習をしないと上達は難しいということは、いえます。

 上達する人は、最低限、「受けたアドバイスは愚直に実行し、その成果をしっかり披露してみせる」ことができます。毎レッスンごとの課題を次回のレッスンまでにクリアしています。長期的な宿題になる場合もありますが、決してそれを忘れてしまうことなく、常に心にとめて練習しています。
 だから、自分はなかなか上達しないという自覚のある人は、まず、それを心がけましょう。

 これさえできていれば、あとは練習時間の問題です。1日10分しか練習できない人よりは、1日3時間練習できる人のほうが、圧倒的に短い期間で上達しますが、それは当然のことです。ない時間をやりくりして練習しましょう。細切れの時間でも、年間で考えるとかなり違いますよ!

 また、上達には「音楽的資質」の問題は確かにからんできますが、こればかりは、自分自身が持ってうまれたものですから、否定せず、「才能のない自分が上達するための、その方法を編み出すのを楽しんでます」くらいの気持ちで向き合うべきです。それができるかどうかも、上達するかどうかに大きく関わってくる別の意味での資質のひとつですから。

 結局、弾ける人は、弾けるべくして弾けるようになったわけです。それだけの具体的な何かをしているから上手なのです。 

| | Comments (2)

« December 2008 | Main | February 2009 »