« ギター教室 351 | Main | ソロギター・ライブ「アルゼンチンタンゴの宵」(12/14)ご案内 »

December 04, 2008

ギター教室 352

 ギター教室の話題。

 頭の中のイメージが具体的になったとして、それをギターで正確に弾くためには、左右の手の役割の違いを明確にわかっていないといけません。

 昔から、
「左手は職人、右手は芸術家」
ということを言いますが、これは役割の違いをさしています。

 おおざっぱには、
「音色のもとは右手が作るので、右手は芸術家。左手は、正確に弦を押さえる役目なので、職人。」
という振り分けでいいと思いますが、音色以外にも右手が作り出す重要なものがあります。

 それは、リズムです。わたしは、これこそが右手芸術家説?の根拠であると思っています。

 その観点からも、右手と左手のコンビネーションについてぜひ、考えてみましょう。

|

« ギター教室 351 | Main | ソロギター・ライブ「アルゼンチンタンゴの宵」(12/14)ご案内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 351 | Main | ソロギター・ライブ「アルゼンチンタンゴの宵」(12/14)ご案内 »