« エチュード研究「タルレガ35のエチュード」 no.19(その4) | Main | エチュード研究「タルレガ35のエチュード」 no.20 »

July 29, 2008

ギター教室 330

 ギター教室の話題。

 リズム感の悪い人のリズムをどうやったらよくすることができるのか、、、、考え続けています。日本人でリズムが悪い人は、わたしの知る限り全員、ダウンビートとアップビートの感覚がないです。全ての音を、ダウンビートとして処理してしまうようです。

 パターンを正確に歌うことで表裏の感覚に慣れさせる。休符のもつビートに気付かせる。など、さまざまに「こちら側」からの提案はあるんですが、そもそも、できない人にとって、「こちら側の提案」は苦痛なものでしかないだろうというのも察せられます。

 みんな頭で理解はできるんですが、実際の演奏はしっくり考えながらなんてできませんからね。身につけた感覚、勘が頼りです。

 ただ、「まったく無頓着に奔放にインチキな演奏をしてしまう人」と「できないなりに努力してみた人」の演奏では、ずれてるにしろ説得力に違いはあるなと感じます。がんばったから説得力がある、という短絡的な話ではないでしょう。できないなりにビート感の感じられる演奏になっているのかどうかがポイントです。

|

« エチュード研究「タルレガ35のエチュード」 no.19(その4) | Main | エチュード研究「タルレガ35のエチュード」 no.20 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« エチュード研究「タルレガ35のエチュード」 no.19(その4) | Main | エチュード研究「タルレガ35のエチュード」 no.20 »