« エチュード研究「タルレガ35のエチュード」 no.6(その2) | Main | ポルトガルギター ~6/20 »

June 19, 2008

ギター教室 327

 ギター教室の話題。

 弱点を克服するには相当の努力と覚悟が必要です。
 1曲弾いて見られる欠点は100曲弾いても同じように見られるものです。
たとえば、リズムが悪い人は、何を弾いてもリズムが悪い。

 逆にいえば、1曲の練習のなかで、欠点を克服する方法を一般化する方向で習得できれば、それはいつでも有効な技術となります。1曲が完璧なら100曲でも完璧といえるわけです。
 それができなければ、いくら時間をかけて練習しても同じところをグルグル回るだけになってしまいます。だから、どこかでそれにけりをつけなければいけない。

 1曲について言うならば、1回めの演奏で完璧な演奏ができるならば、100回でもできるはずだ、ともいえるし、「完璧」とはそういうことを言うのだと思います。
 完全な技術は、どんな局面にでも、またいつでも通用するものです。そうでない場合は、完全でも完璧でもないということになります。

 だから、目の前の一曲を完璧にする過程で欠点を克服する方法を考えていかねばなりません。

 

 

|

« エチュード研究「タルレガ35のエチュード」 no.6(その2) | Main | ポルトガルギター ~6/20 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« エチュード研究「タルレガ35のエチュード」 no.6(その2) | Main | ポルトガルギター ~6/20 »