« ギター教室 324 | Main | 編曲(Pedro Canoero) »

June 13, 2008

ギター教室 325

 ギター教室の話題。

 音の連なりが音楽です。
 これを現象的な側面から見ると、「発音、消音の連なり」と見ることができます。

 発音や消音の大事な点は、

1. タイミング
  音楽の生命であるリズムを作るから、一番大事です。発音のタイミングには誰しも気をつけていることだと思いますが、どのポイントで音を消すのか、についてもしっかり計画しましょう。音が消える瞬間にもリズムが生まれるからです。
2. 表現 
 発音の仕方は音色に直接関係あります。消音は高度な技術ですが、これが下手だと不要なノイズがでますので、現時点での実力に応じ考えていかないといけません。そうしないとSN比の悪い演奏になってしまうんですね。

 ギターの演奏原理は、実にシンプルです。それをしっかり身につけましょう。必要なのは、ポイントを理解して、正しい方法でたくさん練習することです。

 

|

« ギター教室 324 | Main | 編曲(Pedro Canoero) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 324 | Main | 編曲(Pedro Canoero) »