« ギター教室 323 | Main | ギター教室 325 »

June 13, 2008

ギター教室 324

 ギター教室の話題。
 
 「整然と弾ける。」これが技術の「最低限」の評価基準であるとわたしは考えています。

 技術を確かにするには、整然と弾けるのは当たり前、という練習をしなければいけません。それがなんらかの意図を狙い通りに実現するために必要な技術だからです。

 「整然とした演奏」は何によって支えられているか?

 それは「タイミング」です。
 左手の各指をどのタイミングでどのように動かすか、腕は?手首は?右手の各指はどの位置にあって何のためにどのように動くか?

 精密に演奏を計画してみましょう。まずは自分が想像できる範囲でもいいのです。
 

|

« ギター教室 323 | Main | ギター教室 325 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 323 | Main | ギター教室 325 »