« ギター教室 304 | Main | ギター教室 306 »

March 11, 2008

ギター教室 305

 ギター教室の話題。

 「手順」について補足。

 なぜ、手順が大事か。それは、「練習とは再現すること」だからです。
 
 技術は、「再現すること」を繰り返して身につきます。しつこいほど、同じ動きを繰り返しやっと学習するわけです。だから、正しい手順でないと百害あって一利なしという結果になってしまいます。 

 あんなに練習したのにぜんぜんうまくならない。

 そういう場合は、練習の方法に問題があります。その方法のどこかに一貫しない何か(再現性の低い部分)があるんです。原理原則(基礎基本)をきっちり守るようにして一貫性をもたせる。そうしないと例外だらけ、対症療法だらけの完成度の低い技になってしまい応用がきかなくなります。
 
 技術は、「再現」によって身につきます。
 高い技術は、何度弾いても失敗しない高い再現性をともなっています。

|

« ギター教室 304 | Main | ギター教室 306 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 304 | Main | ギター教室 306 »