« mp3プレイヤー | Main | ゆめりあホール 1/29 »

January 26, 2008

ギター教室 299

 ギター教室の話題。

 「当たり前のことは当たり前にできるように」
というのがギター弾きにとっては普遍の課題であろうと思います。

 ところが、何が当たり前なのかわからないと、その判断もできないわけですね。
 何を当たり前とするのか?ということです。

 少なくとも誰かが実現してしまっていることは、できる可能性のあることですし、前例がないことでも、理屈上可能性があるなら、できる可能性はある。
 「できる可能性のあるもの」から「当たり前のこと」を選択していくわけです。

 その動機の部分では、「音楽とはどうあるべきなのか」「どうあるべきだとするのか」という問いもでてきますね。
 「創造性とは何か?どこからが創造なのか?」という問題とも関係します。

 「このくらいはできて当たり前」の水準をどう決めるか?

 各自考えてみましょう。

|

« mp3プレイヤー | Main | ゆめりあホール 1/29 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« mp3プレイヤー | Main | ゆめりあホール 1/29 »