« ギター教室 265 | Main | ギター教室 267 »

September 15, 2007

ギター教室 266

 ギター教室の話題。

 「ボルドーナ音楽研究所」は、ギターの研鑽をとおして、生涯学習の手助けの場になったらいいなあと常々思っています。
 半分しゃれ、半ば本気で「研究所」と名乗っているわけですが、何か課題を発見して自分で勉強していくというのは、誰でもやっていいことですし、何歳でもやっていいことですしね。
 
 これまで30年近くギターと触れ合ってきましたが、最近になってやっと演奏技術を具体的な肉体の動きとして解明かせるようになってきました(まだまだ課題はありますけど)

 教育、というより学習、研究の場でありたいです。必要な助言をし、ともに考えるというのが、わたしの役割と思っています。
 
 研究というと一般にはおおげさなイメージかもしれませんが、それぞれの興味、課題に向き合い解決するために勉強するという意味です。

|

« ギター教室 265 | Main | ギター教室 267 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 265 | Main | ギター教室 267 »