« ヴィオラ研究(~9/11) | Main | ギター教室 266 »

September 14, 2007

ギター教室 265

 ギター教室の話題。

 タンゴをギターで弾くのはかっこいい。
 タンゴ的な歌い方(リズム)をこれでもかというくらいメロディに入れて「やりすぎなんじゃないの?」くらいバキバキ弾きましょう。

 それはそうと、、最近のレッスンで気付いた点

1. 右手も左手も指の動きは最小限にしましょう。大きい音を出すには、弦にタッチしてからが勝負です。
2. 音のカット(消音)は、左手ではなく右手で。弦に触れれば消音できますので、スタッカートなどは、次の一手のタッチを兼ねて消音するのが合理的です。理想は、消音しようがしまいが、手数が変わらないこと。
3. 消音の技術がないと「リズムのたった音楽、ファドもタンゴも」演奏できません。
4. そうは言っても曲を弾くのにあまりに細部にこだわりすぎて曲にならないのでは残念です。現状の技術で思い切り音楽してください。
5. レパートリーは完成度を上げるように、つねに練習してください。

 
 

|

« ヴィオラ研究(~9/11) | Main | ギター教室 266 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヴィオラ研究(~9/11) | Main | ギター教室 266 »