« ケーナとギターの夢(9/2のリハーサル) | Main | ギター教室 261 »

August 30, 2007

ギター教室 260

 ギター教室の話題。

 まだ暑いですけど、やっと秋らしくなってきましたね。

 表層的に譜面をなぞるのではなく、確信にみちた音楽をやりたい、本気でやってる人ならみんなそう思うはずです。譜面が不要な音楽に関しても、話の核心は同じでしょう。
 
 問題は、いかにしたら確信をもてるようになるかですが、、、なんらかの裏づけが必要なんですね。そのためには。

 ギターの演奏技法にしても、仮に世界中の演奏技法を身につけたとしたら、それは演奏技法に関しては確信になりうると思いますし、あるいは、ひとつの演奏技法でも究めれば確信になるでしょうし。
 技法ばかりでなく、音楽のさまざまな面からの考察と検証や実験ができれば、その結果が裏づけになりうるでしょう。
 
 ギター1本手にとって、「音楽とはこうです」と確信をもって演奏できるようになりたいですね。

|

« ケーナとギターの夢(9/2のリハーサル) | Main | ギター教室 261 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ケーナとギターの夢(9/2のリハーサル) | Main | ギター教室 261 »