« ギター教室 258 | Main | ケーナとギターの夢(9/2のリハーサル) »

August 17, 2007

ギター教室 259

 ギター教室の話題。

 譜面と指使いについて。

1. 指板上の音名を知っている。
2. 左手のシステム(ポジション移動しながら指を使う)を体得している。
3. 右手の使い方を知っている。

以上の3点で、譜面に書かれたことを「左手の運指におきかえること」ができます。

1~3の話は、知識として覚えるのと、身体で覚えるのと両方努力が必要。頭もからだも使って練習しましょう。
できるまで練習してください。練習とは、できるまでやるものです。
 これは、いわば音楽以前の問題であると言ってもよいでしょう。ギターで音楽をする「前提として」必要な技術です。

 メソッドに関していえば、クラシックのメソッドは有効ですが、それだけで全てのギターの技法をカバーするのは無理です。逆にポピュラー音楽の特定ジャンルのみしか知らないというのでも、ギターの技法はカバーしきれないでしょう。
 それらが、一体となって再構築されていく過程で「ギターとはこういう楽器なのか」という発見があるわけです。

|

« ギター教室 258 | Main | ケーナとギターの夢(9/2のリハーサル) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 258 | Main | ケーナとギターの夢(9/2のリハーサル) »