« 「右手指を交互に使う」ということ | Main | 今後の予定8/1 »

July 31, 2007

ギター教室 253

 ギター教室の話題。

 昨日、imを交互に使うのが、なぜうまくいかないのか?という話を「音楽研究所」の話題でとりあげましたが、

「左右の腕と指の制御の根本システムが未分化なのが原因」

という仮説がわたしの中では最も有力です。

 しっかり交互の指使いで弾ける人の右手は「美しい」です。動きにムダがなく合理的。「美しいから正しい」という言い方もたまにはしてみましょうか。

 さて、では具体的な練習方法ですが、、、、
1. 弦をまたがるような長いフレーズは、4つの音ごとにグルーピングして、小さく区切る。
2. グループごとに前後関係を踏まえながらゆっくり~速くまで、正しい運指で練習。
3. 区切ったグループ2つを1つにまとめて、少し長いフレーズにして練習。
4. 最後に、あるべき長いフレーズにもどして練習。

 まちがった指使いでいくら練習しても百害あって一利なしなので要注意。
 まずは、自分が現在どう弾いているのかを自覚するところからはじめてみましょう。
 正しい練習をたくさんしてれば、思いのほか早くできるようになりますよ!

|

« 「右手指を交互に使う」ということ | Main | 今後の予定8/1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「右手指を交互に使う」ということ | Main | 今後の予定8/1 »