« ギター教室 211. | Main | ギター教室 213. »

January 24, 2007

ギター教室 212.

 ギター教室の話題。

 実践の部分の話。

 ギターを独学で弾いてきた愛好家のみなさんによくある落とし穴は、「ギターはコードフォームで弾くものだ」というとらえかたです。「コードフォーム」というものは実際にあるものだし、「コード進行がある音楽の場合、それを順番に押さえていき成立させる」という、そのとらえかた自体は、正しいです。

 ただし「コードは手の形なんだ」ととらえてしまうと、落とし穴があります。コードフォームをガバっと押さえればなんとかなるだろ、という考えにつながるからです。

 「手の形(フォーム)」は結果にすぎません。音を重ねていった結果として存在するのが「コードフォーム」です。身体の使い方としては「必要になった時に必要な左手指だけを置く」という手順で演奏していかないと、音の流れをきれいにつなげるのが不可能な場合があります。

 「コードの変わり目で音楽がとぎれる」という時は、この「必要になった時に必要な左手指だけを置く」ができてないことが多いです。各自、気をつけてみてください。

|

« ギター教室 211. | Main | ギター教室 213. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 211. | Main | ギター教室 213. »