« ギター教室 207. | Main | ギター教室 209. »

January 11, 2007

ギター教室 208.

 ギター教室の話題。

 アウラで今年はじめてのレッスン。
 「あーちょっと厳しすぎたかなあ?」とか思うこともあるけど、せっかく上達したくて来てくれているみなさんなので、言うべきことは言うことにしてます。

 リズム。左手の動きの基本。右手の動きはどうあるべきか。 

 「わたしは、全然上達しない。いつになったら弾けるようになるのか?」なんてバカげた質問をする人はいないので楽しいですが、そもそも練習ってものをわかってない人は多いですね。

 練習は、できるまで徹底してやるもの。ゆるい練習は「やったような気がするだけ」で何の効果もありませんね。指はがんばって開かなきゃ、いつまでも開くようになりません。基礎練習でミスしてるようでは話になりません。
 完璧をめざしましょう。
 

|

« ギター教室 207. | Main | ギター教室 209. »

Comments

厳しいいいかた・・・?
いろいろ受け取り方はあると思います。
先日先生が「音聞いて何弦弾いたかわかるようにしろよ、音楽なんだからさあ。ここではこの音一弦しかでないから。」「音聞いて、見て、まねして、わかってよ!」とおっしゃいましたが、
「そうだよなあ、いいこという!オンガクだもんなあ。」と家に帰ってからもじ~んときてしまいました。そういう言葉はやる気がでていいとおもいますが。練習わかってなかった一人かもしれません。これからはちゃんと出来そうです。テストも歓迎です。ここをしっかり覚えろよ、ということですよね?
先生にいやな思いをさせてしまい、心象をわるくしたかもしれませんが、話をしてよかったと思っています。ちゃんと聞いてくれてありがとう。次回のレッスンでは結果をだします。「できるまで」練習していきます。

Posted by: 球体 | January 12, 2007 06:01 PM

いつも楽しく拝読させていただいております。お元気でしょうか。
『ゆるい練習は「やったような気がするだけ」で何の効果もありませんね。』
いたたたた、、、、そうです、そのとおりです。昔、ゆるくバイオリンの練習をしていたことを思い出しました。
これからもライブに、教室に、がんばって下さい。

Posted by: | January 15, 2007 03:29 AM

今一歩イメージがつくれないんです。こう、なんていうか音のプリズムのようなもの。
インターバルの数字と、音名と、色が結びつかない。
プリズムですから色が重要なんですが。
ピンクフロイドのように音と色がみえてこない。
どうやって覚えたらいいのか、今回は悩んでます。
時間かかりそう。

Posted by: 球体 | January 30, 2007 04:56 PM

巨大迷路。ハリーポッターにも進化する迷路がでてきましたが、今回は迷わせていただきました。「フレット」という巨大な迷路。何日も体力と気力を消耗しました。
宿題でこんなに悩むなんてしばらくぶりです。
抜け出してみれば「楽しかった~、おかわりっ!」という爽快感も残っています。
さあ、また練習しよう。音楽だから聞いてわかるように体で覚えるんですよね。

Posted by: 球体 | February 01, 2007 10:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 207. | Main | ギター教室 209. »