« ソロギター(フロール・デ・リノ) | Main | ギター教室 207. »

January 06, 2007

ギター教室 206.

 ギター教室の話題。

 毎回、習い上手な生徒さんたちと楽しいひとときをすごしているレッスン。1/5が仕事はじめでした。

 今年、初級者のみなさんに言いたいことは、「最低1曲は最後まで弾ける曲を作りましょう。」ということです。基礎練習は大事です。しかし、これはあくまでも「技術の一要素」です。
 曲を演奏する。最後まで通してみる。これは「基礎」に対して「応用」にあたるものですが、応用こそが演奏における「目的」です。
 応用を常に実践することで、基礎の大切もわかり、演奏の完成度はあがっていきます。
 
 中級者のみなさんは、演奏の完成度・精度をあげるために基礎技術を磨いて下さい。理論もしっかり勉強しましょう。演奏上の問題をほぼ自力で解決できるようになれば、あなたは上級者です。
 
 上級者のみなさんは、研究を深めてくださいね。そして編曲を自力でできるようになってほしい。 

 あー、ちなみに、「研究テーマをもっていて、その研究を続けており、わたしと情報交換できる人」は、生徒であっても、ボルドーナ音楽研究所・研究員です(ギターの腕前は関係ありませーん)。研究成果の発表を期待しています。

|

« ソロギター(フロール・デ・リノ) | Main | ギター教室 207. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソロギター(フロール・デ・リノ) | Main | ギター教室 207. »