« ギター教室 200. | Main | 「ケーナとギターの夢」@日赤広尾ホール(12/22) »

December 19, 2006

ギター教室 201.

 ギター教室の話題。

 A.C.ジョビンの曲でアドリブするのって、なかなか難しい部分があります。ボサノバの、テンション満載の調性感をうまく出すには、ある種の計画性が必要なんですよね。つまりー、単に思い付きでさらっと弾けるほど、単純なサウンドではないんですよ。

 そんなわけで、今さらですが、先日のレッスンの中で話題になった「WAVE/A.C.ジョビン」をいかに乗り切るか。を、今、研究中。
 乗り切るって言い方は音楽的ではないですが、現実の音楽は、乗り切ることの連続でわかってくるものですから、それでいいんです。

|

« ギター教室 200. | Main | 「ケーナとギターの夢」@日赤広尾ホール(12/22) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 200. | Main | 「ケーナとギターの夢」@日赤広尾ホール(12/22) »