« ソロギターコンサート(11/25)その1. | Main | 最近の編曲(11/17)ノスタルヒアス »

November 16, 2006

ギター教室 189.

 ギター教室の話題。

 左手(弦を押さえる指)に関して。
 うまく弦を固定できないと、不完全な音になります。「うまく弦を固定できない状態」というのは、具体的には、「弦が指板から浮いている状態」をさします。
 ギターの弦を固定するには、実はそれほど大きな力はいりません。腕の重み分がかかれば十分固定できます。

 しかし、「大きな力をかけないと固定できない!」と感じている人はたくさんいます。なぜ、そう感じるのか?それは、「かけている力の大部分が無駄に費やされているから。すなわち無駄な力をどこかにかけているから。」です。
 無駄な力がかかるポイントで、よく見られるのは「関節」です。

 関節はどうあるべきか?それぞれで考えてみましょう。

|

« ソロギターコンサート(11/25)その1. | Main | 最近の編曲(11/17)ノスタルヒアス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソロギターコンサート(11/25)その1. | Main | 最近の編曲(11/17)ノスタルヒアス »