« お知らせ | Main | ギター教室 173. »

September 19, 2006

ギター教室発表会 vol.4

 9/18(月・祝)年に2回の研究・発表会、、、、ついに4回めです。

 わたしは浦和駅からバスで10分ほどの自宅で教室を営んでいますが、こんな場所で?こうも多様な方々とともに学べるのは、奇跡的なことではないかと思ってます。

昨日の演目は以下のとおり。

オーバー・ザ・レインボー、天使のセレナーデ、見上げてごらん夜の星を(ソロ)ククルクク・パロマ(ギター二重奏)エストレリータ(ギター二重奏)、朝日ののぼる家、大きな古時計(ソロ)気のいいあひる(ギター二重奏)、アンダンテ(ソロ)カミニート、ロス・マレアドス(ソロ)ラグリマ(ギター+ポルトガルギター二重奏)忘却、下町のロマンス(ソロ)ナイト・アンド・デイ、酒とバラの日々、シエガ・ジ・サウダージ、黒いオルフェ(ソロ・演奏者の自編)想いのとどく日、ポル・ウナ・カベーサ(ソロ 飯泉昌宏)

 生徒さんのプライバシー保護のため、お名前はふせますが、わたしから見た「白眉」は、冒頭の「オーバー・ザ・レインボー」丁寧にゆっくり歌い上げる演奏が、素晴らしかった。

 それから、「ククルクク・パロマ」6/8の難しい拍子、しかも、旋律の最初に休符つきですよ!これは難しいですよ。ねばり強く練習した成果が出ていました。
 初心者からはじめて5年にして、だいぶソロも弾けるようになってきたところで「大きな古時計」。日々の練習の成果ですね。

 「カミニート」は、タンゴのエッセンスを全身で表現しようとする姿勢が伝わってきてジンとしました。気持ちのある演奏が一番好きです。わたしは。

 「ラグリマ」は、、、一生忘れない。ありがとう!まさかね、わたしもポルトガルギターで生徒と一緒に合奏できるなんて思ってもいませんでしたから。次はソロを弾こうね!

 「忘却、下町のロマンス」は、これが好きなんだ〜という気持ちが伝わってくる演奏で、ギター命な人柄も出ていてよかった。

「ナイト・アンド・デイ、酒とバラの日々、シエガ・ジ・サウダージ、黒いオルフェ」は、基礎技術、理論、編曲技法の勉強をずっと続けてきた方の「自編、自演」です。編曲の質、演奏技術とも、「これがわたしの音楽です」と世界のどこでも堂々と言える水準でした。感服しました。

 わたしは、「想いの届く日、ポルウナカベーサ」を演奏。前日まで編曲いじってたので、なんか心もとない部分もあったんですが、講師としての最低限の役割は果たせたかなと。

 教室での出会い、、、わたしと生徒のみなさんもですが、みなさん同士の出会い。趣味のあう仲間と交流していけたら素敵ですね。わたしも、自宅で教室をやるようになって、みなさんから教えられることが多くて、感謝してます。教室での学びは一期一会という部分もありますが、みなさんが卒業してからも、一生交流はしていきたいなと思いました。

 ありがとうございました。

|

« お知らせ | Main | ギター教室 173. »

Comments

飯泉先生

昨日は大変ありがとうございました。
いろいろな方の演奏を聴いて、大変楽しかったです。発表会の後も楽しかったですね。
一つ思ったのは、楽しく演奏することが人を楽しくさせるのだと思いました。そういう意味では「気のいいアヒル」が緊張の中でもほほえましく、とても楽しそうでよかったです。

これからもジャズ教えてください。よろしくお願いします。

Posted by: やなぎさわ | September 19, 2006 11:47 PM

やなぎさわさん。
発表会、お疲れさまでした。

 そうですね。楽しく演奏するのは聴いてる人にも伝わりますね。
 そうして、生きてることの切なさ、哀しさ、喜び、みんな含めて、音楽に昇華していけたらいいですね。

 今回の発表会は、わたしにとってもいろいろな想いがよぎり、思い出にのこる一日となりました。本当にありがとうございました。
 
 また一緒に勉強しましょう。

Posted by: いいずみ | September 20, 2006 07:42 AM

先生、私にとって『発表会』はとてもいい経験になりました。日頃の練習の成果を思いっきり披露したいと思ったのですが、やはり練習不足の一言に尽きます。常に〝練習あるのみ〟と黙々と弾いておりましたが、もっと練習が必要ですね。発表会が終わっても、もっと完璧に弾けるように練習を続けるつもりです。先生にはいつも解り易い指導をしていただき感謝しております。それにギターだけじゃなく、音楽がもっと大好きになりました!!これからもよろしくお願い致します。

Posted by: 佐藤 | September 20, 2006 08:58 PM

佐藤さん。

いいんですよ。たとえうまくいかないところがあっても。
カッコつけないで弾くのが、カッコいいんです。ありのままでいいんです。
佐藤さんが日頃から音楽が好きで楽しんでいるのが、よく伝わる演奏でしたよ!
これからも、もっと好きになってね。

Posted by: いいずみ | September 20, 2006 11:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お知らせ | Main | ギター教室 173. »