« 「ボルドーナ音楽研究所」を御覧のみなさまへ。 | Main | ギター教室 165. »

August 19, 2006

ギター教室 164.

 ギター教室の話題。

 理論について。
 和声の進行の知識があると、曲の構造がわかるようになります。なぜ、このベース音なのか?なぜ、この内声の動きなのか?なぜ、このメロディでこの和声のつながりなのか?
 
 和声やリズムの「知識」は、「理解」につながり、「深い理解」は、「表現の必然性」につながります。演奏は、現実そのものです。限り無く具体的なものです。

|

« 「ボルドーナ音楽研究所」を御覧のみなさまへ。 | Main | ギター教室 165. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ボルドーナ音楽研究所」を御覧のみなさまへ。 | Main | ギター教室 165. »