« 現在すすめている編曲 | Main | ギター教室 161. »

August 13, 2006

ギター教室 160.

 ギタ−教室の話題。

 ジャズのアドリブについてのレッスンでは、譜面も使いますが、もっともだいじなのは「楽器と身体、楽器と頭」が一体になることですので、「音を聞き、真似てみる」ことで身につけてもらいたいと思います。書いてある音符なんぞ実際、役にたたないからです。

 ジャズは再現音楽ではありませんが、身につける方法に関しては「なんども真似て再現してみる」しかありませんので、レッスンを録音してあとで、よく聴いて真似てみるのがよいと思います。

 まねる過程で、おそらく自分の基礎技術の足りなさにも気付くでしょう。かなり高い基礎技術がないと思い付きで弾くなんてことはできないからです。

 そういうことのくり返しです。がんばってください。

 

|

« 現在すすめている編曲 | Main | ギター教室 161. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 現在すすめている編曲 | Main | ギター教室 161. »