« ポルトガルギター7/29 | Main | ギター教室 155. »

July 31, 2006

ギター教室 154.

 ギター教室の話題。

 消音について。
 ギターの表現で音を出すのと同等の重みを持つ技術に「消音」があります。
 弦に振動を与えれば、音がでます。この振動を止めれば音が消えます。
 音を出すには1タッチ2しならせ3リリースの3段階あるというのはシツコイくらいこれまでも言ってきました。消音には、このうち1を使います。
 
 休符をしっかり演奏するには不可欠の技術。つまり、グルーブを生み出す技術なのです。

 熱心な生徒に教えるのは、疲れるけど楽しいです!

|

« ポルトガルギター7/29 | Main | ギター教室 155. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ポルトガルギター7/29 | Main | ギター教室 155. »