« ギター教室 151. | Main | ソロギター(7/25)北小金 »

July 20, 2006

ギター教室 152.

 ギター教室の話題。

Pick1 もっとも重要な「弦と指(ピック)が触れてから離れるまでのできごと」
ピックは先端はとがってます。1点が最先端になるようにつくられています。
これは、「弦にあたって、力を加えられ、弦とピックと両方がお互いにしなって、そして、瞬時に1点で離れることができるため」です。

Pick2 ピックと弦の触れる角度はななめでもかまいません。しなりあって、最後に”瞬時に1点で”離れていけさえすればOKです。

 指弾きの場合も、同様です。最後に瞬時に1点で離れていけるように爪の形を成形しないといけません。

 わたしが以上のことを実感できるようになったのは、指弾きに奏法をかえて数年たってからです。特にナイロン弦のギターは、しならせると指にまつわりついてリリースしにくかったりして、難しいものです。まともな音になるまでは相当時間がかかります。
 でも、それが実感できないままギターライフを終えるのはもったいないと思います。これがもっともギターと一体になっている!と実感する瞬間なのです。

 

|

« ギター教室 151. | Main | ソロギター(7/25)北小金 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 151. | Main | ソロギター(7/25)北小金 »