« ギター教室 143. | Main | ギター教室 144. »

June 14, 2006

音楽的近況

ここ数日の関心ごと。

※ポルトガルギター
 だいぶポジション覚えました。やっと常識の1/10くらいまで来たか?という感じ。「リスボンタイプ」の楽器にしてから、「音名」とポジションを一致させるのに一苦労でしたが、それはだいぶ慣れてきました。
 確かにマニアックな楽器ですが、そこにマジックがあるわけではありません。楽器の秘密を解明することは可能です。だって、ただの弦楽器ですから。
 でも、、マジックはあるんです。根幹のリズムを作るポルトガル語そのものに。やはりこれは大ごとなのか?

※「El dia que me quieras」
 ソロギター編曲してみてます。7月にソロギターのライブもひさびさにやるということで、この機会に新たなレパートリーもいくつか増やしたいし。甘ったるい曲だという先入観もあるんですが、骨のある演奏ができれば、意味もでてくるのではないかと思います。
 自分はタンゴをどこかで聴いた感覚に似せて弾こうなどとは思っていません。いつまでもそれでは真似事で一生を終えてしまいます。ささやかであっても何かを発信していきたいです。

※「タンゴとギター」
 今、聴きかえしてみると、たった2年前なのに今の自分とずいぶん違う感覚に聴こえます。他人みたい、、、他人だったりして(笑)何か「時代性」を感じてしまうんですよね。終わった時代。一生懸命やった10年間の集大成だからそらあるわな。時代性も。

※オリジナル曲
 8月になって1曲完成できたらいいな〜。

※ギター教室
 責任もって教えなきゃね〜。問題は、みなさん、、、リズム感ですよ!

|

« ギター教室 143. | Main | ギター教室 144. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 143. | Main | ギター教室 144. »