« ポルトガルギター 6/16 | Main | ポルトガルギター 6/20 »

June 19, 2006

ギター教室 145.

 ギター教室の話題。
 
 わたしの教室では、「コードのカッティングは、左手を浮かせて行ってはいけない」ということになってます。これは右手の消音のテクニックによって行います。「カットするポイントの細やかなコントロールができるから」です。
 ボサノバのコード弾きなんか右手でコントロールしないとできないでしょう。

 むろん例外はあります。その場合、「左手の技術と左右のシンクロ」両方関わってくるので、もっと難しいのです。

|

« ポルトガルギター 6/16 | Main | ポルトガルギター 6/20 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ポルトガルギター 6/16 | Main | ポルトガルギター 6/20 »