« 飯泉バンド@CLOPCLOP | Main | ポルトガルギター 6/12 »

June 11, 2006

ギター教室 142.

 ギター教室の話題。

 演奏姿勢について。

 指弾きクラシックスタイルだと、足台を「左足の下」におき、ギターのヘッドが高くもちあがるように構えるのが基本です。

 この姿勢の長所は、動きの自由度の高さです。ただし欠点もあります。それは身体がネジれがちになるところ。
 最良の姿勢を選択したとしても、姿勢は崩れていくものです。それを織り込んで、修正しながら演奏することも技術だと思います。

 さて、同じ指弾きでも、ファンホ・ドミンゲスのように足台を使わず、右足の上にギターをたてて構える人もいれば、パコデルシアのように足を組んでその上にのせる人もいるし、演奏の方向性によって姿勢は変わってきますね。

 どんなスタイルでも明確な方向性のある構え方はカッコいいと思います。

 

|

« 飯泉バンド@CLOPCLOP | Main | ポルトガルギター 6/12 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 飯泉バンド@CLOPCLOP | Main | ポルトガルギター 6/12 »