« ケーナとギターの夢6/3 | Main | 飯泉バンド@CLOPCLOP(6/9)その2. »

June 05, 2006

ギター教室 139.

 ギター教室の話題。

 全然違うチューニングのポルトガルギターで、なぜ、わたしがちゃんと即興演奏できるか?それは、手の形でフレーズを覚えたり、音楽を作っているわけではないからです。調性、和音の構成音からフレーズをイメージして弾いた結果が、運指(手の形)となります。

 むろん、今は勉強中ですので、不完全(イメージできる指板上の範囲が限られている、イメージと指の位置をうまく一致させられない時がある)ではありますが、主な課題はわかっているので、計画的に上達していけるはずです。

 ギターを弾く際、手の形や指の配置で「押さえる場所」を覚えて弾いている人は多いと思います。自分が今何をしているのかわからないままになんとなく。しかし、それでは将来には全くつながりません。

 「自分のしていることを理解する」
 まずはそこからはじまります。自分自身の考えで「音楽を作り出そう」と思う人は、避けてとおれない部分ですので、心にとめてください。

|

« ケーナとギターの夢6/3 | Main | 飯泉バンド@CLOPCLOP(6/9)その2. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ケーナとギターの夢6/3 | Main | 飯泉バンド@CLOPCLOP(6/9)その2. »