« Volver(ソロギター) | Main | バンドネオンとギター(5/3)その4. »

April 26, 2006

ギター教室 123.

 ギター教室の話題。

 ピック弾きと指弾きの違いは、弦にふれるのがピックなのか指なのか?の違いであり、音を出すまでの手順の考え方は一緒です。
 単音を弾く場合を考えると、1〜6弦までそれぞれ腕の位置が異なります。6個のポジションがあると思えばいいです。これはピックであっても指であっても同じように考えられます。

 いずれの奏法でも、右手のミスが多いと自覚している人は、まずポジション(腕の位置)を安定させることを目指すといいと思います。

 再現性のある練習を積む。基本技術に関しては、これがもっとも上達につながる方法だと思います。

|

« Volver(ソロギター) | Main | バンドネオンとギター(5/3)その4. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Volver(ソロギター) | Main | バンドネオンとギター(5/3)その4. »