« 新・防音室 11. | Main | ギター教室 117. »

April 03, 2006

ギター教室 116.

 さいたま市・自宅ギター教室の話題。

 ギターを演奏する時の姿勢ですが、
椅子に座り、左のふとももの上にギターをのせる。左足の下に足台をおくか、ギターレストを使用してギターのネックが高くあがるようにかまえる。

 これは、普通のクラシックギターの演奏スタイルの標準です。わたしはこれを推奨します。これが最も合理的だと思います。効率良く「重力」を利用できるからです。

 楽器の演奏スタイルは、その音楽の内容と密に関連します。「どこに自由度を求めるか?」によって変化していきます。わたしもフルアコを弾くときは、さすがにこのスタイルでは弾けませんし。

 いずれにしろ、「弾きやすさ」は大事です。音楽家ならカッコよさよりも弾きやすさを重視すべきだと思います。

|

« 新・防音室 11. | Main | ギター教室 117. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新・防音室 11. | Main | ギター教室 117. »