« 新・防音室 9. | Main | 新・防音室 10. »

March 29, 2006

ギター教室 115.

 ギター教室の話題。

 不安定で不確実な自信のもてない演奏方法は、いつでも不完全燃焼感しか残しません。運動面から見た演奏方法に自信と確信を持てるというのは、演奏者にとって、最も基本的なことです。

 右手の手順で重要なこと。
1. タッチ
2. しならせ
3. リリース

 以上1〜3と左手の押弦の手順とのコンビネーションを周到に準備することで「演奏の確実性」が飛躍的に高まります。
   
 その上で、やっと「表現」に説得力がでるわけで。

|

« 新・防音室 9. | Main | 新・防音室 10. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新・防音室 9. | Main | 新・防音室 10. »