« ケーナとギターの夢 3/12 | Main | 新・防音室 5. »

March 14, 2006

ギター教室 111.

 さいたま市・自宅ギター教室の話題。

 発表会について。

 「習い事」と「自発的な関わり」との間には、大きな違いがあります。「与えられるものをこなす」のか「あるべき表現を切り開くのか」。「自発的な関わり」は先々「ものづくり」や「研究開発」と同義になってきます。  
 わたしは、「自発的な」方向にみんながいけるよう、それとなく促しています。そして、自分の手による表現に関心がある人は、そうありたいと漠然と思っていることは確かなのです。

 しかし一方、「自分が想像できる範囲でないと自発的になりようがない」という事実もあります。

 想像の範囲を広げるには、与えられる言葉の情報だけではとても無理です。他の人の生の演奏を聴いたり話をしたりという実体験がもっとも役にたちます。だから、教室の発表会をすることにしました。野球で言えば「試合」です。
 3/21(火・祝)原山公民館の会議室でやります。一般の方の観覧も歓迎します。ぜひ、聴きにいらしてくださいね。

|

« ケーナとギターの夢 3/12 | Main | 新・防音室 5. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ケーナとギターの夢 3/12 | Main | 新・防音室 5. »