« ケーナとギターの夢 | Main | ケーナとギターの夢 3/12 »

March 11, 2006

ギター教室 110.

 さいたま市・ギター教室の話題。

 ギターを会社の同僚の前で弾いたらボロカス言われた、、、とがっくりきている生徒さんがいました。実力はありのままなので仕方ない。聴いた人の率直な感想も仕方ないと思います。
 世間一般とはそういう無情なものであるというのは一面の真実です。

 そこでは音楽も演奏も消費の対象でしかないから、消費者受けする音楽が一番ということになります。「受けるものがいいものだ」という価値感です。
 
 なので勉強中、発展途上の人は演奏する場を選んだ方がいいと思いますね。励ましあい刺激を受けあえる仲間に聴いてもらったほうが有意義です。

 まあ、そういう人たちは少数派ですけどね。
 

|

« ケーナとギターの夢 | Main | ケーナとギターの夢 3/12 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ケーナとギターの夢 | Main | ケーナとギターの夢 3/12 »