« ボルドーナ音楽通信2/18号 | Main | 丸ノコ »

February 20, 2006

ギター教室 104.

 ギター教室の話題。

 転勤の都合で教室をやめた人としばらくぶりで話をしたら「今は全然ギターを弾いていません」と言われました。
 「残念」という感覚より、「ああ、そうだろうな。無理もない。」という気持ちが先にわいてきました。
 ギター弾かなくても楽しく充実した生活ができるとなったら、わたしだって弾きません。

 「自分で弾いて表現する」、、、これは、そうしないと生きられない人だけがするべき特別なことなのでしょう。

|

« ボルドーナ音楽通信2/18号 | Main | 丸ノコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ボルドーナ音楽通信2/18号 | Main | 丸ノコ »