« 防音室(構造設計) | Main | ポルトガルギター »

January 21, 2006

ギター教室 90.

 さいたま市は、すごい雪です。今日はこの天気では教室は無理かな?と思っていたらみなさん来てくれました。道路状況はそう悪くはなかったみたいですが、御苦労さまでした。

 さて、今日のレッスン内容。

1. 6/8的ポリリズム表現について。最近、偶然にも複数の生徒さんにこの話題。6/8っていうのは、2拍子、3拍子の同時進行です。表現の多様性があるからあちこちで使われてるんでしょうね。
2. ビブラートとスライドの使い方。アップビートの位置にメロディがある時の注意。
3. 編曲のアドバイス

 みなさん異口同音に、「忙しい日常業務の中、ギターを弾いている時が一番やすらぐひと時だ」と言います。それだけに今日の生徒さん全員に共通に感じるのは、並外れた集中力と前向きさでしょうか。よくもまあ、うちの教室にこういう人たちが集ってきてくれているものだと感謝してます。
 最近わたしはこうした「特殊な音楽の才能はないと思われていた普通の人が、自分でも気付かなかった才能を開発しギターを心底楽しめるようになっていく」過程をお手伝いするのに面白さを感じています。
 教える側教わる側双方の努力がないと成立しないことです。だから面白い。すごく。

|

« 防音室(構造設計) | Main | ポルトガルギター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 防音室(構造設計) | Main | ポルトガルギター »