« 7弦ギタートリオ@りぶる | Main | 『ギターの街 うらわ』 »

January 11, 2006

ギター教室 86.

 秋葉原アウラの今年最初のレッスン。
 
●押さえる側(左手)の指の独立について。
 ギターの左手は立体的に弦の上に乗るので、必要な形は自在に作れるようになっている必要があります。

 まず、テスト。
1. 左手をひろげる
2. ちょっと力を抜く
3. ひとさし指だけ、第一関節と第ニ関節をめいっぱい折り曲げる。他の指は曲げちゃだめ。

 これ、できますか?中指もつられて一緒に曲ってしまった人は多いと思います。こんな単純な動きにも訓練がいるわけです。
 
 弦の摩擦を利用して押さえるというのが、ギター初心者にありがちな方法ですが、これは間違い。自分の指先が固くなっている人は注意したほうがいいかもしれません。それは、摩擦によって固くなっている可能性があります。正しく押さえると固くならないんです!

 さっきのテストができなかった人は、各指をそれぞれ折り曲げる動きを日頃からしておくとよいです。うまく押さえられない原因のひとつを取り除くことはできます。

 さてさて、徹底して合理的な指導で押しまくることにしている最近。演奏の技巧自体は、「何をどう表現するか?」っていう問題よりずっと簡単な話ですから、やれば誰でもできるはずです。技巧にしぼって話をするのは効率がいいからです。報われやすい部分なのです。
 お楽しみはその先なので、技巧ははやいところ身につけちゃってください。

|

« 7弦ギタートリオ@りぶる | Main | 『ギターの街 うらわ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 7弦ギタートリオ@りぶる | Main | 『ギターの街 うらわ』 »