« ギター教室 69. | Main | ギター教室 70. »

December 09, 2005

「タンゴとラグタイム」夜のギターコンサート

 浜田隆史さん(ラグタイム・ギター)と、明日、コンサートをします。

 このラグタイムというジャンルですが、一般にはあまり知られていないと思います。「ラグタイムって、どんな音楽ですか?」と聞かれた時、わたしは「ほらほら映画「スティング」の音楽だよ〜。チャラチャラんチャチャんチャら〜んってやつ。」と実に音楽家っぽくない説明をしてきました。
 浜田さんの演奏は、非常に明解でわかりやすい表現でノリノリなので、はじめてラグタイムを聴く方もその魅力を十分感じていただけると思います。すごくいいですよ!
 
 一方、わたし自身も「タンゴっていうとバンドネオンていう感じだと思うけど、タンゴのギターってどんななんですか?フラメンコみたいなのですか?」とか聞かれることがあります。
 タンゴの特徴は、一般的には、あのバンドネオンやバイオリンのねばるリズム、ピアノがドッカンドッカン叩く感じってことになるのかも知れませんが、ソロギターで表現する場合は、リズムの刻み方に特徴をもたすのではなく、よりメロディの演奏の仕方にタンゴらしい粘り気をもたす、ということになります。カチョ・ティラオ、アニバル・アリアス、ファンホ・ドミンゲスの3人を聴いていただくと、その共通点がわかると思います。その共通の部分がタンゴギターの本質です。
 フラメンコとは全く関係ないです。おそらく「情熱的で激しい」という先入観からそういう言い回しになるのかなと想像されますが。
 特にわたしの演奏は、情熱的っていう感じではないですね。むしろ情緒的かもしれません。

12月10日(土)午後7時15分開演(6時45分開場)
会場:さいたま市民会館うらわ 8Fコンサート室

です。みなさまの御来場お待ちしてます。当日券あります。

|

« ギター教室 69. | Main | ギター教室 70. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 69. | Main | ギター教室 70. »