« 音楽という仕事 10. | Main | ギター教室 5. »

April 18, 2005

ギター教室 4.

さいたま市緑区の自宅でギター教室をやっています。そこでの話題から。

「譜面があれば、音をさぐりながら練習し、ギター独奏を完奏できる。」
というレベルの人はたくさんいます。

「技術的に難易度が高いものでも、練習次第で弾けるようになる。」
これは、再現音楽のいいところだと思います。

 さて、ここから一歩独創的な方向に踏み込みこんで
「自分の好きなポピュラー曲をギターソロに編曲してみたい」
と思ったとします。

 それができるようになるまでの過程を見ていきます。
今日は、その第一段階について。

第一段階:「メロディに和音と伴奏をつけることができるようになる」
1. 和音をつけます。
 和声の基本的な理論を知っていると和音をつけることはできます。
 これは勉強しましょう。知識の範疇にあるものですから、やれば誰でもできます。
2. 伴奏をつけます。
 伴奏をどういう感じにするか考えてみましょう。
3. 完成させる
 このような「メロディに伴奏がついただけのギターソロ編曲」をいくつか完成させます。”完成させる”というのが大事です。


 難易度の高い曲を弾いてきた人にとっては、自分の作った編曲があまりにシンプルで退屈に思えるかもしれません。
 でも、最初はこんなもんです。
 独創的な何かを作るには、譜面を上手に演奏するというのとは違う技能を身につけなければいけないのです。

|

« 音楽という仕事 10. | Main | ギター教室 5. »

Comments

天使は、緑に天使でblogすればよかった?
緑にblogー!
天使とblogした?
天使と自宅へblogしたかった。
緑へblogしたいです。

Posted by: BlogPetの「天使」 | April 18, 2005 10:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ギター教室 4.:

« 音楽という仕事 10. | Main | ギター教室 5. »