« 音楽という仕事 1. | Main | 音楽という仕事 3. »

April 10, 2005

音楽という仕事 2.

 音楽家は、自営業です。

 わたしの場合、「家内制手工業で製品を作り、自宅店鋪で販売するような商売」に近いです。ですから、ライブ演奏している時間だけが仕事ではありません。むしろ、準備、創造にかける時間のほうがメインの仕事です。準備なくして演奏はありえませんので。

 例えば「ダンサリン」なんか、アイデアを考えてソロギター編曲が仕上がるまでに1ヶ月かかりました。しかし、そのおかげで何度も弾くに値する内容のものができるわけです。

 CD制作にしても、「これが、自分の音楽です」という内容のものを作るには、やはり数年はかかります。まあ、いくつか並行ですすめる時期もあるのですが、納得できるものを発表したいと思えば、突貫工事はできません。

〜つづく〜

|

« 音楽という仕事 1. | Main | 音楽という仕事 3. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 音楽という仕事 2.:

« 音楽という仕事 1. | Main | 音楽という仕事 3. »