« ミスの原因 | Main | ケーナとギターの夢 4. »

March 07, 2005

音楽と学問 技能と知識

 音楽とスポーツの共通点は、「知識だけでは何もできない」という点だろう。
「身体を使ってする」ことだから、練習しないと上手にできるようにならないのだ。くり返し練習して、やっと音が出せるようになる。相手の投げたボールを打ち返せるようになる。
 
 しかし、「知識だけでできる分野」ってあるんだろうか?とふと考えてみた。
 学問かな。身体そのものを使って修得するわけではないから、学問の分野はそうかもしれない。

・・・しかし、まてよ。

 学問で活躍する脳は身体の一部だし、取材や調査、実験をとおして肌で何かを感じて研究していくという面もあるので、やはり学問も究極的には、音楽やスポーツと同じ技能の世界になるような気がする。

 「世の中、これが常識っていうけど、本当はこうなんじゃないの?」
っていう仮説をつくり、それを検証していく過程は、知識だけでなくて、培われた勘がものをいいそうだ。

 「知識を基礎に、練習し修得し、勘をつちかい、あらたな地平をきりひらく」
というのは、真剣勝負の世界には共通していることなのかもしれない。
 

|

« ミスの原因 | Main | ケーナとギターの夢 4. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 音楽と学問 技能と知識:

« ミスの原因 | Main | ケーナとギターの夢 4. »