« ギターを弾く指 6 | Main | ima基本の確立 1. »

March 01, 2005

ケーナとギターの夢 2.

3/11(金)『ケーナとギターの夢』コンサート
 高橋マサヒロのケーナ、飯泉昌宏のギターの素朴なアンサンブル。

 今日は、演奏予定の飯泉のオリジナル曲について御紹介します。

はぐれ雲・・・サンポーニャ&ギター
ゆめ・・・サンポーニャ&ギター
6月のボレロ・・・フルート&ギター

他にもあるかも?ですが、まずは、この3曲。
われながら、とってもいいメロディだと思います。何度演奏しても飽きません。

「はぐれ雲」
 飯泉バンドでもソロギターでもやっている曲ですしCDにも収録ずみですので、コアなファンな方は御存じだと思います。トニックからベースラインが半音下降してくるコード進行が、さびしげな情緒をかもし出しており、日本人の心の琴線に触れるのかどうかわかりませんが、どこで演奏しても好評の曲です。
 今回は、サンポーニャとギターで演奏しますが、エンディングでは、高橋さんがチャフチャス(ヤギの爪でできた打楽器)を振りながらサンポーニャを吹くという、両手がふさがったフル回転の演奏が聴け(見られ)ます。

「ゆめ」
 これも飯泉バンドでもソロギターでもやっている曲で、わたしの曲の中では、この曲が一番好きといってくれる方も多いです。サンポーニャのなんともいえない憂いのある音で、即興演奏も交えて聴いてください。

「6月のボレロ」
 昨年の6月に作った曲で、まだCD化はしていませんが、どこで演奏してもたいへん好評。日本語的メロディをのせて作ったボレロ。保育園から帰宅する時に見た、幼い日の雨の街の情景を描きました。ボレロは、フルートが似合いますね。

|

« ギターを弾く指 6 | Main | ima基本の確立 1. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケーナとギターの夢 2.:

« ギターを弾く指 6 | Main | ima基本の確立 1. »