« 批評する 1. | Main | 批評する 3. »

March 20, 2005

批評する 2.

「批評の主役は批評者ではなく、作品、あるいは作者、演奏者」
ということも言える。

 例えば、「批評者の主義・主張を展開する目的で批評という形態を使う」のは、「批評とは作品に文化的意義のある位置づけを与えること」という主旨に反する。
 主義・主張を展開したいのなら、他人の労作をだしに使ったエセ批評の形態でするのではなく、自分自身の作品なり論文なりを発表するのが王道。わたしであれば、自分のコンセプトのCDを発表すればよいことだ。

 「批評」で浮き彫りにすべきなのは、「作品の文化的意義」。そのために「批評者ならではの視点、切り口」が必要だとは思う。これは、”批評者の主義・主張”と関連性はあるが、用いる目的が180度違う。

|

« 批評する 1. | Main | 批評する 3. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 批評する 2.:

« 批評する 1. | Main | 批評する 3. »